メンズファッション、ローファー

もともとは「怠け者」という意味の「ローファー」。
今や様々な色やデザインのものが出てきて、ファッショニスタ御用達のアイテムになってきています。
オーソドックスな皮のものから、スウェード、モカシンまで。
履き心地がいいのに、コーディネートを引き締めてくれます。
そんなローファーは1950年代のアメリカで、学生たちの間で大流行して依頼、世界に広まっていったといいます。
今では学生だけでなく、そしゃれな男性の普段靴としても定着してきました。
このローファーをかっこよく履きこなすポイントとして、ズボンの丈は短いものを選ぶことです。
クロプトパンツやショートパンツがおすすめです。
このコーディネートの場合は、スウェードのローファーの方が、軽やかな印象になるはずです。