白髪のおしゃれ染めの選び方は?

また、白髪のカバーと同時に髪色を明るくしたい人は、アルカリ酸化染毛剤が向いています。
しかし、ヘアダイや酸性カラーなどの酸性の染料は刺激が強く、肌質の弱い方には向きません。
また、あまりおしゃれ染めに慣れていない人が自分で白髪染めをする場合は、さまざまなカラー剤の特徴を知った上で使いやすいものを選ぶことが失敗しないポイントです。
全体染めをしたい人は、スタイリング剤のように髪全体にのばして揉みこむだけで手早く染まる液状ジェルタイプや泡タイプ、フォームタイプのおしゃれ染めが良いでしょう。
伸びた根元部分やちらほら出てきた白髪をカバーするなど、部分的な白髪染めをしたい時は粉末タイプやクリームタイプ、マニキュアタイプのカラー剤が使いやすく、おすすめです。
ルプルプ白髪染め評判悪い?口コミ暴露中!【使い心地は?】