おまとめローン審査に通らない・・・

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンは複数のからの融資を1本化することで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

参照:オリックス銀行おまとめローン審査は?年収で制限?【評判口コミ】

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。